PR
邦楽の会 和奏伎 とは…
邦楽の会 和奏伎とは 伝統芸能・伝統文化愛好者の団体です。 流派や師弟関係 これまでの古いしきたりなどにとらわれず 伝統芸能・伝統文化の愛好家・講師達が集まって面白いことを企てる…。 そんな新しい発想と行動が和奏伎の特徴です。
邦楽の会 和奏伎 の活動
和奏伎には三味線・太鼓・篠笛・尺八などの和楽器教室や日本舞踊や着付教室などの和文化教室があります。 稽古の発表の場として、演奏会や各種催しへの出演・落語会での出囃子演奏・宴席でのお座敷あそび・外国人やこども向けの和楽器体験会など、様々な企画や催しを通じて日本文化を発信しています。 主に大阪府内を中心に関西で活動中です。
にほんブログ村
分類
このブログ内を検索する
過去のブログ
MOBILE
qrcode
<< 長寿祝賀会での余興 | main | 第6回ばいりんがる寄席! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
長寿寄席 in 伊勢志摩
4月18〜19日一拍で長寿寄席に参加させていただきました。
今回は現地へ船で渡ったり、二日間、着物で過ごしたり、いろんな体験をさせていただきました。

初日
<現地へ>
DSC01812.JPG

<伊勢音頭>
DSC01782.JPG

<黒田節>
DSC01783.JPG

<野球拳>島民の方にも参加していただきました!
DSC01791.JPG

<しばてん音頭>高知の民謡に合わせて、しばてん(河童)が踊りますonpu03
DSC01794.JPG

<本日の出演者>島民のみなさまありがとうございました!
DSC01810.JPG

二日目
<公開下座?>
DSC01870.JPG

<落語>真珠屋玉之助介さん、虎乃家光甲さん
DSC01855.JPGDSC01860.JPG

<太神楽曲芸・南京玉すだれ>大升獅子神楽団
DSC01876.JPG

帰りはみんなで伊勢神宮、おかげ横丁を散策しました。
お客様もよく笑っていただく方々ばかりで音符終始みんな笑顔で無事につとめてまいりました!き

 
| 活動報告 | 12:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:35 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wa-ka-na-gi.jugem.jp/trackback/153
トラックバック