PR
邦楽の会 和奏伎 とは…
邦楽の会 和奏伎とは 伝統芸能・伝統文化愛好者の団体です。 流派や師弟関係 これまでの古いしきたりなどにとらわれず 伝統芸能・伝統文化の愛好家・講師達が集まって面白いことを企てる…。 そんな新しい発想と行動が和奏伎の特徴です。
邦楽の会 和奏伎 の活動
和奏伎には三味線・太鼓・篠笛・尺八などの和楽器教室や日本舞踊や着付教室などの和文化教室があります。 稽古の発表の場として、演奏会や各種催しへの出演・落語会での出囃子演奏・宴席でのお座敷あそび・外国人やこども向けの和楽器体験会など、様々な企画や催しを通じて日本文化を発信しています。 主に大阪府内を中心に関西で活動中です。
にほんブログ村
分類
このブログ内を検索する
過去のブログ
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
六月の鳴り物教室
六月の鳴り物教室

鼓のお稽古はじまりました音符

まずは持ち方と構えから!!



ポンと抜けるような良い音が出れば成功です指
型が決まればおのずと音も鳴るのだそうで。。。深い。。。



横から見ているとできそうな気もするのですが、なかなか思うようにいきません汗

まぐれで良い音が鳴りました手まぐれでなくこの音が出したい
音色を使い分けるまで道程は遠そうですが、たのしい〜〜!!
| 鳴り物教室 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015/5月 演奏会下合わせ
JUGEMテーマ:和楽器の魅力

本日は、演奏会の下合わせにいってきました。
5月末日に行われる和奏総力をあげての大きな演奏会です。

鳴り物は、旋律を奏でる楽器が多い中、お唄や三味線を引き立てる重要な役割を担当します。

締め太鼓や平丸(ひらまる)、鉦(かね)、鼓(つづみ)などリズムを刻む楽器の他、
ドラや拍子木など、ここ一番に活躍するさまざまな楽器を操ります。


 



今回特に珍しいのは、こきりこ節に使用する古代楽器たち!!
唄の題名にその名を冠したこちらの楽器は
笹竹を伐っただけのシンプルなものですが、打ち付けると甲高い良い音がします。
ささらや鍬鉦などいろいろ登場しますので、お楽しみに手





<おまけ>太鼓からみた風景!!
大勢ずらりと並ぶ三味線の音の波を感じながら叩く太鼓はまた格別です

| 鳴り物教室 | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
鳴物教室の紹介です
JUGEMテーマ:和楽器の魅力
鳴物教室 幹事の陽子と申します。
初めてブログを投稿します。

鳴物教室は現在、生徒は5名。
内2名はドラム経験者で、レベルは若干高い気もしますが、
私はリズム感が無いので苦戦しています。

「テテドド テドテド スッテンテン(イヤ)テレツクツッテン・・・」
など譜面を声に出しながら叩く練習をするのですが、
ほぼ毎回私が譜面を読み間違えて、みんなを混乱させております。

練習風景を撮影してみました。


角度を変えて


鳴物の師匠は 望月太八文(もちづき たやふみ)師匠です。
太八文師匠の師匠は 望月太津八郎(たづはちろう)師匠で、
多くの噺家さんに鳴物を教えておられたとお聞きしています。

この鳴物教室では、民謡の鳴物を教わっています。

写真の様に、平太鼓(大太鼓)・締め太鼓が基本ですが、
鼓・鉦・木鉦・おけど・・・など
鳴物の種類はたくさんあり、この教室で習う事ができます。

練習ではみんなで座布団をバタバタ叩いていますが、
音に合わせて叩けた時の達成感がなんだか、清々しいです!

月1回、平日の19:00〜お稽古があります。
ご興味のある方は、どうぞ見学にいらしてくださいませ〜♪

〈鳴物教室 問い合わせ先〉
narimono@wakanagi.com
| 鳴り物教室 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
和奏伎 鳴り物教室
先月より和奏伎 鳴り物教室を開講しております。 太鼓や鼓をご指導頂く講師は望月太八文先生です。


受講生からは
「太八文先生がめっちゃかっこ良かったです!」
「撥の構え方やテンツクの基本を一人一人順番に教えていただき、太鼓にまつわるいろいろなお話や曲の練習と、とても充実した稽古でした」
「太八文師匠の脱線したお話しも楽しく、次回、曲を音源に合わせて仕上げるという宿題も頂きました。」
などのコメントを頂いてましてたいへん好評です。

今月の稽古は明日6日ですので、ご興味がある方はぜひ見学に来てください。

お申し込みは info@wakanagi.com まで。
| 鳴り物教室 | 12:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |